ヤクルトレディに学ぶ失敗するビジネス学

f:id:salarymanman01:20170516214927p:plain

私の会社にはお昼にヤクルトレディが来ます。

一定期間がたつと別の人に変わるのですが、売りに来る人によって売り上げが違います

この違いはなんでしょうか。

こういった身近なところにビジネスのヒントがあったりします。

 

 

 

スポンサーリンク  

目次

 

 

ヤクルトレディの変更

上でも言いましたが、私が働いている会社ではヤクルトレディがお昼前後にきて、商品を売っています。

もちろん無断で会社内に入ることはできないので、

インターホンを鳴らしていただくと、社内の誰かが内側から開けることになっています。

私もたまに利用していて、ヨーグルトを買っています。

 

しかし年度が変わったタイミングで、私は利用しなくなりました

お小遣いが減ったからとか、値段が上がったからという理由ではありません。

簡単にいうとヤクルトレディが変わったからです。

別に前任の方の見た目タイプだったとかそういう話でもありません。

 

単純に新しく来るようになったヤクルトレディから誠意が感じられなかったからです。

 

 

ヤクルトを買う理由

ヤクルトの製品はなかなかいいお値段がします。

コンビニで買う商品より高いものがほとんどです。

しかしなぜヤクルトを買うのか。それは品質です。

○○菌や生きて腸まで届く○○など、

私も専門家ではないので詳しい解説は避けますが、

やはり口にするものは多少値段高くても品質にこだわりたいです。

 

それがコンビニで買わず、少し値段が高いヤクルトの商品を買っていた理由です。

 

 

前任のヤクルトレディのすごさ

前任のヤクルトレディは仕事に対する誠意が今までの方とくらべても、ずば抜けてすごかったです。

  • 会社に入って来るときに「こんにちは、ヤクルトの◯◯です。本日もよろしくお願いいたします。」と明るい声で言う
  • 接客の時は常に笑顔、エレベーターで一緒になったときには笑顔で会釈
  • いつも同じものを買っている人に対してはその人が視界に入った時点で準備を始める

など些細なことですが業種が違う私でも見習うべきところがたくさんありました。

しかしこれらが私が新任のヤクルトレディから商品を買わなくなった理由ではありません

 

それよりももっと大きな特徴がありました。

毎日ほぼ同時刻のお昼直前11:45前後に来るということです。

人がやっているものですので、もちろん多少の前後はありますし、休みになるときもあります。

しかしこの絶妙な時間、彼女が考え抜いたものなのでしょう。

お昼前のお腹が空いてる時間に来て購買意欲を高めているのです。

私の会社はお昼になると半数ほどが外に昼食に出ます。

そのため12時を過ぎてからヤクルトレディがきても単純にビジネスチャンスを半分失っていることになります。

なにより毎日同じ時間というのは気持ちがいいです。

少しおくれると、「あれ?今日は遅いな。道が混んでいるのかな」と無意識に気にしてしまいます。

仕事に対して誠意があるとそれだけで人は買いたくなるものです。あの人だから買おうと思ってる人も多くいたことでしょう。

 

 

新任のヤクルトレディのなにが悪いのか

対して新任のヤクルトレディは時間はマチマチでひどい時はお昼休みが終わった13時にくることもあります。

お腹が膨れた状態でだれが商品を購入するでしょうか。

会社に入って来るときのあいさつも聞こえるか聞こえないかと言うぐらいの声ですし、

来ない日も多くあります。

そういったこともあり、ヤクルトレディから商品を購入する人は目に見えて減っていきました。

以前は家族用に買って家に持って帰る人までいたのにその人も利用しなくなってしまいました。

ヤクルトレディにも都合があるかもしれません。しかし本気で売りたいのであればしっかりと考えて仕事に取り組むべきだとわたしは思います。

 

 

まとめ

副業に関係なさそうなこんな話でも、

冒頭でも述べた通り、ビジネスの学ぶべきところがあります。

 

今回の注目すべき点は売る商品は変わっていないというところです。

品質が下がっていたり、値段が高くなったり、会社の不祥事で問題がおきたり、などという商品そのものやイメージに関するマイナス点は一切ありません。

それにもかかわらず売り上げが減ってしまったのは、新任のヤクルトレディの戦略がしっかりしていないことが一番だと思います。

「毎日お昼前のほぼ同時刻に来社」

たったひとつのこのルールを守れなかったために多くのチャンスを失ってしまった、といういい例だと思います。

 

もしあなたがアフィリエイトや転売で思うように売り上げが伸びないとき、売れている他の方を参考にしてみてください。

「同じものを売ってるのになんでこの人は売れるんだろう」とい疑問に答えを見つけ出せればあなたの売り上げは必ず伸びます

以前にもお伝えしましたが、常にアンテナをはって行動しましょう。

案外身近なところにヒントやチャンスがあるかもしれません。

 

スポンサーリンク